大津百町の町家などに住みたい方・お商売をしたい方(活用希望者)に物件を紹介し、貸したい方・売りたい方(所有者)につなぎます。

大津百町・町家じょうほうかん

お問い合わせ

活用事例 Case study

トップページ > 活用事例

内観2

File_003 / atelier sango

※2017年4月末日閉店しました。

- 古いものと新しいものを一緒に置くアトリエショップ-

今回取材したのはatelier sango(アトリエ サンゴ)さんです。丸屋町商店街から東へ真っ直ぐ進んだ2つ目の角、緑の庇が目印になっています。お店は取材対応してくださった小枝さんと今田さんのおふたりでしているそうです。ふたりとも作家でそれぞれが作品をつくり一緒にお店をしているそうです。
当事業でおつなぎした案件ではありませんが、とってもかわいらしいものがお店の窓からチラチラ見えるので以前から気になっていて、今回取材させてもらうことができました。

以前は家具屋さんでしたよね。いつからこちらで始めたのですか・・・?

一昨年(2013年)の5月からです。この建物は、長い間空家だったそうですが、オーダーメイド家具屋のオーナーが入店し、お店をしていたそうです。その後ここを出られることになった時に、そのオーナーに声をかけていただいたのがきっかけです。オーナーとは、7年前に菱屋町商店街でチャレンジショップをしていたときに知り合いました。
素敵な縁が重なってここでお店を始めることになったみたいです。

お店の改修、改装などはどうしたんですか?

以前の借主であるオーダーメイド家具屋のオーナーがこつこつと改修したそうで、わたしたちはそのままの状態で借りています。
お店を始めるにあたって大家さんから特別な制限などはなく、自由にお店づくりをしたそうです。お店のレイアウトを決めるのに手書きで1/300のスケールで書いた図面をみせてくれました。
道路に面している側を売り場にし、奥で創作活動をしています。

お店について教えてください

新しいものと古いものが一緒においてあるお店です。
私はベビー服などで今田さんはカバンなどを作っています。ここには、その他7人~8人くらいの作家さんの作品が置いてあって、木工、ニット、アクセサリー、古本、古着などがあります。
それから、アトリエショップですので、普段はアトリエです。それを3と5のつく日にアトリエをオープンにし、ショップをしています。今は、8のつく日と木、金、土、日も開けていて月20日ほど開けています。

内観1@

ショップをしていない日は、創作活動をしたり、イベントに出店しているそうです。ワークショップも行っていて、お客さんと一緒にものづくりも楽しんでしているようでした。

近所の方、ネットを見て来てくれる方、出店していたイベントで知り合った方など様々なお客さんが来てくれるそうです。ハンドメイド好きの方は、行ってみてはいかがでしょうか。

店舗情報
外観1
atelier sango
湖のほとりの小さなお店「アトリエ・サンゴ」

開店:10:00-18:00 
3と5と8のつく日+木・金・土はアトリエオープンの日です。
住所:〒520-0043 滋賀県大津市中央2丁目6-20
駐車場はございません。お近くのコインパーキングをご利用下さいませ。
ホームページ:atelier sango