ほぼサタデイ限定大津ガイド 土曜は大津、晴れの日は浜大津

HOMEほぼ土曜大津 ニュースボランティアライター情報 > びわこ哲学カフェ by.タナゴ

  • 洋館で食す土曜日 旧大津公会堂レストラン
  • 湖を見ながらの土曜ランチ なぎさのテラス
  • 旧大津公会堂貸し館情報
  • オープンデータ推進

2013年10月4日

【カテゴリー】
ボランティアライター情報

びわこ哲学カフェ by.タナゴ

 

丸屋町商店街の一角にあるギャラリースペース「ギャルリーオー」では月に一回「びわこ哲学カフェ」というイベントがひらかれています。

 

IMG_2244

 

「びわこ哲学カフェ」とは、普段はあまり考えないようなテーマに関して、みんなでじっくり話し合い考える、そんなイベントのことです。

 

IMG_2245

 

「哲学」なんて聞くと少し緊張してしまいますが、ここで行われているイベントは全くそんなことありません。

 

「だれでもわかる言葉で話す」「話さなくても聞いてるだけでいい」といったルールが決められているので
「哲学なんてやったことない!」なんて人も気軽に参加することができるんです。

 

お菓子を食べながら話ができるのも嬉しいサービスですね。

 

IMG_2246

 

今回行われた「びわこ哲学カフェ」のテーマは、「大人の見え方、子どもの見え方」についてでした。

 

みなさんは、この絵の中にいくつ動物を見つけることができますか?

 

resource

 

絵の中に隠されている動物は大人よりも子どもの方が早く見つけられると言われています。

 

この一枚の絵をきっかけに「子どもと大人の見え方の違い」についてゆるーく話がすすめられていきます。

 

「大人になってから昔暮らしていた街に行くとすごく小さく感じました」
「昔は雪の日はただただ楽しかったのに、今は大変だから嫌だなって思ってしまいます」
「やっぱり大人になってからは驚いたり、感動したりすること減りましたよね」
「子どもは知らないものとして物事を見るけど、大人は知っているものとして物事を見るからかな」
「でも実際は知っているわけじゃなくて、知っているふりをしていることが多いですよね」
「なんで知っているふりをしないといけないんでしょうね」

 

こんな風にゆるーく広がったり、深まったりしていくところが「びわこ哲学カフェ」の特徴です。

 

決して答えはありません。結論もでません。

 

でもほんのちょっぴり新しい気付きが生まれます。

 

そして、その気付きはもしかしたら自分自身の「何か」が変わるきっかけになるかもしれません。

 

興味がある方はぜひ「哲学」への道へ足を踏み入れてみませんか。
サンダルでも大丈夫なぐらい歩きやすい道ですよ。

 

詳しい情報はこちらのブログをご覧ください。

 


 

今回初めて記事を書かせて頂きましたボランティアライターの田名後です!

 

「こんな近くに素敵な場所があったの!?」「こんなおもしろい人がいたんだ!」と思えるような記事を紹介できればと思います。

 

これからもよろしくお願いします(^^)

 

このページの先頭へ