ほぼサタデイ限定大津ガイド 土曜は大津、晴れの日は浜大津

HOMEほぼ土曜大津 ニュースボランティアライター情報 > 長等神社綱打祭 龍陀つくり by.yume

  • 洋館で食す土曜日 旧大津公会堂レストラン
  • 湖を見ながらの土曜ランチ なぎさのテラス
  • 旧大津公会堂貸し館情報
  • オープンデータ推進

2014年1月23日

【カテゴリー】
ボランティアライター情報

長等神社綱打祭 龍陀つくり by.yume

 

結婚するまで長等学区に住み、長等小学校に通っていたのに 長等神社の「綱打祭」を知ったのは一昨年。

友達のブログで見て 一度もそんな話を聞いた事なかった。。と不思議な気がしました。

 

神社の小さな行事だったのか、通学道路が反対側だったから知らなかっただけなのか、もしかすると子供だから、

伝統行事に興味がなかったか。。

 

一度この目で確かめてみたいと思っていたら、元旦にこんな貼紙を見つけました。

 

setumei_2      setumei_3

 

 「地元にお住まいでない方もどうぞご参拝ください」

 

 1月14日に13時過ぎに長等神社に到着すると、すでに本殿横では綱作りが始まっていました。

 

<尻尾>

sippo_1

 

木に藁の先をくくりつけ、三本の綱をつくり、さらにその三本で三編み。

なが~いこれは、どうやら尻尾になる部分の様子。

 

sippo_2

sippo_3

 

境内のあちこちで、それぞれがパーツを作っておられます。

 

 <胴体>

atama_1

atama_2

atama_3

 

藁を円錐型に固めてしっかりと縛ります。

 

<舌>

sita_1

sita_2

sita_3

 

細い草鞋でも編んでおられるのかと思ったら舌。

さらに赤に布を巻いて べろべろ~

 

<口>

kazari_1

 

上下二枚の口になる部分は、こんな風に吊るして作られていました。

 

<目>

me_1

 

橙を筒状に藁で巻いてあります。

目の玉は五円玉。

 

 さてさて 組み立てが始まります。

 まず尻尾を拝殿に載せます。

 

suetuke_1

suetuke_2

 

胴体を台の上に載せます。

 

suetuke_3

suetuke_4

 

口をかぶせます

 

suetuke_5

suetuke_6

 

舌をつけ、目をつけます。

 

suetuke_7

suetuke_8

suetuke_9

 

これで完成。

実は、このとき、やっとそれぞれの場所で作っておられたパーツの意味がやっとわかりました。

 

suetuke_10

suetuke_11

suetuke_12

 

例年だと、楼門の外の石段あたりまで尻尾があるのですが、今年は藁の穂が短かったり、藁そのものが少なかったりしたそうです。

 

作り始めて2時間半。奉告祭です。

 

suetuke13

 

寒い一日でしたが、氏子さん達が協力しあって蛇を作られる様子から、伝承される行事のありがたさが伝わってきました。

 

 昭和57年に発行されている「長等のあゆみ」という本に、「長等神社の綱打ち神事」という項があります。

 

 setumei_5     setumei_4

 

 「長等神社では、毎年正月14日の午後、氏子の有志十余名が神社境内に集まり、約三十束の藁をもらいて見事な藁蛇がつくられる、、、、、」

 

「延長六年(938年)正月十二日、志賀の士人社前に巨蛇の形を造り、神事を行ふ。是 スサノオノミコトの妖陀を切し故事なり、今に此例を以って毎年正月綱打の神事と云うこれ也」

と収蔵されている画の箱蓋にこのように書かれているとの事ですから、その歴史の長さを感じます。

 

 この日傍らに置かれていた、イラスト。

 

setumei_1

 

最近にどなたかが、お書きになったものなのでしょうか?

1000年以上続いたこの行事、この先も1000年以上続いて欲しいものです。

 

同日「おうみ610」でも、この様子が放送されていました。

私もちらっ。。と映っていました(笑)

 

「龍陀焼」の様子は後日お伝えします。

 

 

良かったら、私のブログにも遊びに来てくださいね♪

http://michiyo0520.blog20.fc2.com/

 

 

このページの先頭へ