旧大津公会堂 貸し館情報

お知らせ

お知らせ

「つくる、たのしみ(後編)」 by.黄緑・緑・青緑

2017.06.06

【前編はこちらです http://ameblo.jp/kimirodimirodi 】

 

 

ご自身も弦楽器が好きで、それが嵩じて、楽しく楽器作りをされているのでしょう。

 

私の様々な質問にも、快く説明して下さり、楽しく伺うことができました。

 

DSC_0392

DSC_0393

DSC_0395

 

それぞれ、木を成形し削っていくのに使う様々な カンナです。

小さいものは、丸く削れるカンナです。(面白いです!)

 

 

ストラディバリウス「メシア」の実測図を見せて頂き、その話題でも楽しくお話致しました。

 

DSC_0400

DSC_0399

 

そのストラディバリは、今まで人の手に渡る事もなく、誰かが演奏に使用したこともなく

イングランドの博物館に収められているそうです。

 

「楽器は弾いてやらないと駄目になるので、その博物館でも、誰かが弾いています。」

 

「そのシアワセな方はどなたなんでしょうか?」

 

「博物館の方でしょう。」

 

「いいですね~、誰もが弾 くことのできない、貴重な音色を奏でるなんて!好きな方にとっては

無上の喜びでしょうね?」

 

「そうですね。」 と、にこやかに対応して下さいました。

 

 

バイオリンの木と木をくっつけているのは、「膠(ニカワ)」で、100度の熱いお湯で

剝がれ、修理できますが、

これを、合成接着剤でつけてしまったら、もう、離すことはできないので、修理そのものも

できなくなるとの事。

 

有名なストラディバリなど、もう300年経ていますので幾度も修理されているのでしょう。

 

 

その出来上がりの音色を想像し、自分の手でつくるワクワクするたのしみ。

 

そうして出 来上がったバイオリンは、音を奏でて弾いてやらないと、駄目になる。

 

 

つくるのにも、維持するのにも、手間を必要とする楽器。

 

つくって、大事に使って、大切にする。

 

まるで、生き物の様です。

 

 

DSC_0402

 

とても素敵なお話を伺えて、ますます弦楽器が好きになりました。

 

「膳所弦楽館」ホームページはこちらです。http://zeze-strings.jp/wordpress/

 

 

 

ボランティアライターの黄緑・緑・青緑です。

ブログ ⇒ http://ameblo.jp/kimirodimirodi

よろしくお願い致します。